7月 312011
 

変数の値に応じて処理を分け、結果や表示させる内容を変えたいとき、
値の比較を行うことは重要です。

値が等しいとき ⇒ $a = $b
値と型が等しいとき ⇒ $a == $b
値が等しくないとき ⇒ $a != $b
値が等しくないとき ⇒ $a <> $b
$a が$b未満のとき ⇒ $a < $b
$a が$b以下のとき ⇒ $a > $b
$a が$bより大きいのとき ⇒ $a <= $b
$a が$b以上のとき ⇒ $a >= $b